もう乗りましたか? きゃりーぱみゅぱみゅトレイン

シェアする

西武鉄道のKPPトレイン、もう乗りましたか?
そうは言っても、いつ何処に走っているのやら、
西武鉄道では1編成だけの特別列車の運行予定を
公表している訳でもなく、偶然の出会いだけが
頼りとあっては、なかなか機会に恵まれない方も。
私もまさかの拝島駅で、このド派手な電車に出逢い、
早速何枚かの写真を撮ることが出来た訳です。

KPPトレイン in 拝島

拝島駅で発見したKPPトレイン
後方に見えるのは青梅線です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

拝島でKPPトレインを発見!!

西武線の中でもとりわけ「グレー」なイメージが付きまとう拝島線ですが、
ここにKPPトレインが現れようとは!
「グレー」などと差別発言をしているのは私だけ、ということなのでしょうか。
西武鉄道ではイベント列車に限らず、新型車両の導入などの際も、
「まず池袋線から」というのが通例で、新宿線の利用者は暫く経ってからでないと、
なかなか「新車」には乗せてもらえない立場でした。
唯一の例外として、旧2000系は新宿線用に開発された電車で、
西武線では初の4ドア車両でした。
私は高校生の頃、新宿線で通学していましたので、
いち早くこの2000系の乗りごごちを体験できましたが、
既に池袋線では特急レッドアロー号が運行されていたのに対し、
新宿線には鈍行と準急しかなく、やはり「置いて行かれた」感が少なからずありました。
さて、このKPPトレインですが、9000系車両が用いられています。
この9000系も池袋線のために開発された車両で、新宿線にはあまり走っていませんでしたが、
今回は特別に約15年振りに新宿線を走ることになったのだそうです。

KPPトレイン

車掌さんが車内点検をしていたのですが、撮影中の私を見てすぐに空けてくれました(笑)

KPPトレイン

ドアの内貼りも変えたんですね
手が込んでます

「きゃりーぱみゅぱみゅ」という、当方には縁遠い原宿系の存在が、
決して「身近」とまではゆかなくとも、ピンクのラッピング電車に乗れば、
「へぇ~ 田無の娘だったんだ・・・」くらいのウロコは、目から落ちようというものです。

KPPトレイン

変われば変わるモノです、
ね、ツツミさん (^_^;)

旅客サービスの鏡となった西武鉄道

西武鉄道の企業イメージというものが、ここ数年で随分変わったように思え、
電車のカラーリングにそれが良く表れています。
当方が子供のころは、暗いベージュにエビ茶色というのか、
何色というのか知りませんが、「作業中」みたいな表示が良く似合うカラーリングでした。
それが1970年代に入って、暗いイメージを払拭するためか、
明るい黄色を基調としたカラーリングに変わりました。
そして、ステンレスやアルミ製車両の登場によって、
より落ち着いたブルーやグリーンのラインが、
シルバーの車体にデザインされるようになったわけですが、
この間に特筆すべき変化が起こっています。
それは「あの堤社長」が、総会屋への利益供与問題で事実上経営から撤退したことです。
その直後から西武線ほぼ全駅のホームにガラス張りの待合室が作られ、
冬の木枯らしに晒されながら電車を待つ辛さが無くなりました。
そして20000系に続いての新型車両30000系の投入です。
20000系までは堤社長の息がかかっていたらしく、
最新の車両でありながら、内装は信じられないほど「安普請」というべき代物でしたが、
30000系のそれは、つり革ひとつとっても乗客の立場に立った工夫が見られ、
快適さで20000系を大きく引き離す存在となりました。
私は他人の悪口をいうのは決して好きではありませんが、
「あの堤社長」に関しては、事実を申し上げて憚りません。
長野オリンピックの誘致にまつわるトラブルや、
西武球場のドーム化を巡る「固定資産税」の取り扱いなど、
数々の「悶着」を引き起こして来た人物であることは、周知のことと思います。
もし当該社長が健在であったなら、30000系投入自体が無かったと思いますし、
まして「どピンク」にラッピングされた
”きゃりーぱみゅぱみゅトレイン” など、全く実現しなかったでしょう。
20000系電車はその後内装の改良が行われ、
今では30000系に引けを取らない快適な電車に仕上がっています。

KPPトレイン

「どピンク」の西武線電車
9月まで「何処か」を走っているそうな


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク