住民投票の代表的失敗例

シェアする

JR中央線、西国分寺駅の西側で、
線路を跨ぐ大きな陸橋が新たに建設されています。
私が生まれ育った国分寺市のほぼ中央を南北に横切る、
都道、府中所沢線です。

都道 府中所沢線



スポンサーリンク
スポンサーリンク

都道の是非に市民投票のエゴ

この道路が完成すれば、府中街道の渋滞は解消されて、

南は多摩センターから町田街道方面へ、

北は飯能秩父方面へのアクセスが劇的に改善されるはずです。

一方この道路は「緑の森」をキャッチフレーズとする

我が出身小学校の目前を横切り、

最後まで残っていた僅かな緑さえも削り取って、

社会インフラ構築に寄与しようとしています。

しかし2年程前、理不尽にも「小平市民のみ」による住民投票によって、

この道路は寸断される危機に晒されていました。

はじめに断っておきますが、私は決して右翼思想の持主ではありませんし、

そのような団体に所属している事実もありません。

それでもこの小平ポピュリズムとでも云うべき振る舞いは、

誠に傍若無人と云わざるを得ません。

「道路計画に対する住民意思の反映」をと云うなら、遅きに失していました。

実はこの道路が計画されたのはもう4~50年も前のハナシなのです。

都道 府中所沢線

国分寺市日吉町付近 やっと草刈機が入って「道路用地」らしくなりました。
もう十年近く前に撮影したものです。

私がまだ幼いころから、

「ここに大きな道路が出来るらしい」と噂にもなっていました。

言うまでも無く道路とは「あちら」と「こちら」を結ぶ交通路のことです。

その途中に在る全ての関係自治体で「住民の声を」というならまだ解りますが、

それならもうとっくに、その手続きは終えていなければならないはずです。

府中所沢線の府中区間については工事も終わり、

たまらん坂のすぐ近くまでは、既に供用されているのです。

それを、今頃になって「計画の見直しに賛成か反対か」などと、

いったい小平市民とは何様なのだ! と申し上げたい。

それも「小平中央公園の樹木を守るため」などと、何を寝ぼけたことを、

他の自治体住民だってそうした思いを乗り超えて、用地提供してきたのに。

更に呆れたことには、「投票率が50%未満なので開票しない」との決定に対して、

「35%の市民の声を無視するな」と文句まで云っている始末です。

過半数の市民は「理性」を失ってはいなかった、という事実すら

素直に認めようとしない、ごく一部の勢力が言いたい放題です。

私は長年、車での出張サービスを生業として来ました。

「これも仕事だから致し方なし」と、

交通渋滞によってプライベートな時間まで消耗させられていた私からすれば、

「よく署名を集めてるヒマがありましたね」と、

嫌味の一言も云いたくなるような話です。

都道 府中所沢線

国分寺市立第5小学校前の工事現場
かつてはここも「緑の森」でした

大抵は善人ヅラをしている

かつて圏央道の高尾山トンネルに最後まで抵抗していた

「自然保護団体」と称する人たちは今どうしているのでしょう。

まさか小平に引っ越したのではありますまいな。

実際にどう自然破壊されたのか継続調査はやってるんでしょうか?

生態系がどのように変化したか、地道な調査を続けておられるのでしょうか?

自分達の主張が通らなかったからといって「ハイ解散」、

というわけではありませんよね。

それともやっぱり「最後は金目」ですか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク