関東に雪の予報 54年ぶりの珍事?

シェアする

明日は関東地方に雪の予報が出ています。
これは11月としては54年ぶりのことだそうです。
中高年世代でも記憶が少ない出来事となります。
明日の関東地方、特に多摩地域では、
どのくらいの降雪があるのか?
通勤通学の足に影響はあるのか? 等々、
最新の観測データをもとに検討してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

南岸に低気圧 早春のような

関東雪予報

気象庁予想天気図
11月24日 午前9時の予想

明日午前9時の予想天気図を見ますと、
関東南岸で今夜発生した低気圧が、やや発達した状態になっています。
関東地方に降雪をもたらす典型的な気圧配置ですが、
本来は2月から3月にかけてよく見られる天気図です。
山陰沖の日本海にもう一つ低気圧がありますが、
これに向かっては南風が吹き込むため、西日本では雪ではなく雨の予報となります。

今は本格的な冬に向かって、季節が進行しているところです。
季節の変化をもたらすのは、主に上空のジェット気流の位置ですが、
シベリアの寒気に押されて徐々に南下している最中です。
丁度その途中でヒマラヤの高山に架かっているため、
気流が二つに裂かれて、二本の流れとなって日本付近に到達しているところです。
この場合、低気圧は南北に分かれた「二つ玉」となりますが、
今回はその北側の一つがやや遅れて進行しているため、
先行する南岸低気圧によって関東に降雪がもたらされます。
昨日は良い天気で、少し暑いくらいに感じましたが、一転して強い寒気が入り込んだのは、
その暖気をもたらした日本海の低気圧が、東海上に足早に抜けて発達したためですが、
このように低気圧の発達具合によって、日本列島の天気は大きく左右されているのです。
では下の図を見て下さい。

関東雪予報

気象庁海面水温実況図
海面水温の平年偏差

この図は日本近海の海面水温の現在の状態が、平年と比べてどうなっているかを示したものです。
平年より高い海域が赤く、低い海域が青色に着色されています。
東シナ海から南に平年よりも1~2℃高い海水域が広がっています。
今年一年を振り返ってみると、前半はエルニーニョ現象の影響で南海上の海水温が平年より低く、
そのため台風の発生がありませんでした。
秋以降は一転してラニーニャ現象となり、フィリピン海域で次々と台風が発生したことで、
先月上旬までは、蒸し暑い日が多くなっていました。
その名残が日本南岸の高温水域ではないかと思われます。
低気圧は一般的に高い海水温の上で発達します、
平年並みならばそれほど発達しない位置にある低気圧が、
僅かな温度の高さでもエネルギーの供給を受けて発達すれば、北から寒気を引き下ろしてしまいます。
54年ぶりという事象の説明としては少し弱いかも知れませんが、
現在言えることはそのくらいでしょうか。

さて、明日の関東地方、特に多摩地域の積雪量ですが、気象庁の発表に先立って、
私の予報士仲間から先ほど独自の計算結果が届きました。
それによると多摩地域、特に八王子や青梅では多いところで15cm
その他では10cmという結果です。
都心部ではそれよりやや少なめの見込みですが、
気温が低いので路面凍結など滑りやすくなっているはずです。
交通機関ですが、前日にはっきりと「雪予報」が出ていますので、
今夜のうちに対策が取られると思いますが、
もし万一予報が「甘い」方に外れれば、混乱は避けられないと思います。

木枯らしと空っ風

木枯らし

一夜で半分になった紅葉

上の写真は私の家の近くにあるもみじの木ですが、左は昨日、右は今日撮影したものです。
たった一夜の木枯らしで紅葉が半分になってしまいました。
これから更に、ジェット気流は寒気に押されて南下し、
日本列島はすっぽりと冬の空気に包まれることでしょう。
昔「木枯らし紋次郎」というTV時代劇がありました、主人公は上州群馬の出身ですが、
このあたりでは「木枯らし」ではなく「空っ風」というのではないでしょうか?
遠くシベリアから吹く寒い風に、日本海の対馬暖流から受けた水蒸気のせいで、
日本海側には豪雪をもたらし、
反対側の上州群馬には、水分を失った乾燥風がフェーン現象を伴って吹き下ろす。
これが「空っ風」、何が「空」だか良く判る名前ですね。
これが関東付近の太平洋側まで来ると、「木枯らし」と呼び、冬晴れが続くようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク