うっかり引っ掛かりそうなメールが来た

シェアする

巷で毎日のように言われている「ナントカ詐欺」。
高齢者を狙ったもので、自分には関係ないと、
常々思っていたのですが、最近「社内メール」の誤信を
装ったような、少々手の込んだスパムメールが、
私の所にも頻繁に飛んで来るようになりました。
幸いにもセキュリティソフトが検知してくれて、
大事には至っていませんが、油断大敵ですね。
多摩の話題ではありませんが、少々気になったので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しそうな間違いメールに御用心

最初にそのメールを受信したのは、1週間くらい前です。
即座にセキュリティソフトが起動して、対象を削除したとのアラートが出ましたが、
メールそのものは残っていました。
宛名が間違っているので、てっきり誤送信かと思ったのですが、
内容を見ますとなにやらただならぬ記述があるではありませんか・・・。

スパムメールサンプル1

1回目のメール
お人よしでなくとも、つい返信したくなっちゃいませんか?(^^;

結構な金額のやりとりを促すような内容で、それも不審な添付ファイルがあります。
Nortonはこれに反応したに違いありません。
ビジネスでやりとりするファイルは普通 Word や Excelではないでしょうか?
どんなデータが入っているのかは知りませんが、要はこのファイルを開かせたいのでしょうね。
冷静になってもう一度メールを見直してみると、やっぱりおかしいですね・・・コレ。
ビジネス上のやりとりで、差出人の署名が無いというのはマナー上ありえませんし、
例え同じ社内の同僚同士であったとしても、こんなぶっきらぼうなメールはありません。
「お世話になっております」の書き出しで、「~いますでしょうか」という表現から、
相手は取引先であると考えられますが、
そうすると益々このメールは「あり得ないメール」ということになります。
速攻削除して、無視することにしました。
ところがまたまた来たのです、今度は「注文書」というサブジェクト。
またもNorton先生が起動して「検疫済」のマークが・・・。

スパムメールサンプル2

2回目のメール
つい添付ファイルを開けたくなる巧妙なメール。

今度の奴は「iPhoneから送信」と注釈が付いています。
やはりファイルが付いていますが、一見pdfと間違えそうなファイル名になっています。
つい開いて中身を確認したくなってしまいますね、コレ。
でも発信元を見ると hotmail になっています、前の奴は yahoo でした。
取引上の大切な書類のやりとりに、フリーアドレスを使いますか?
これも無視して削除。
さて、昨日また来ました、今度は「振込依頼」。
流石にアタマに来たので、ISPのメールボックスにログインして「スパム設定」しました。
私はniftyなのですが、前に来た2通についてもう一度確認の上こちらもスパム設定。
念のためにniftyのセキュリティスキャンを実行したところ、

ウィルスチェックの結果

ISPでウィルスチェック、やっぱりね!
怪しいファイルは必ずコレをやりましょう。(^^)v

やっぱり添付ファイルになにやら仕掛けてあったようです。
多分無作為に発生させたアドレス宛にばら撒いているものと思われますが、
これで当分私の所へは来ないでしょう。
皆様くれぐれも興味本位に「他人の書類」を見ないよう、気を付けましょう。(^_^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク