人にレッテルを貼る社会 三億円事件の五十年 vol 5

シェアする

私は犯人の職業を「タクシードライバー」、
とするのが最も妥当な推理と考えている。
しかし当然、タクシードライバーは世間に多数居る、
その一人が冤罪によって悲惨な最期を遂げている。
職業が推理と合致するから、後はテキトーに別件で、
という当時の警察による安易な捜査で、
後日にアリバイが証明されるという、世紀のお粗末。
事件が事件なだけに、報道による二次被害が深刻化。
このような世間の偏見に基づく誤った判断が、
迷宮入りの原因の一つではないかと思う。

3億円事件

多摩五郎が発見された小金井本町団地で
報道陣の質問に応える警視庁捜査一課長(時事通信より)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年は死に、現金は何処へ?

「他人にレッテルを貼る」という致命的過ちが、この事件ではもうひとつある。
事件の五日後に自殺したとされる、「立川グループの少年S」という人物についてである。
父親が白バイ警察官で、白バイや警察の勤務体制などにも詳しいとされる少年が、
あたかも犯人であるかのように扱われ、その後青酸カリによる謎の死を遂げている。
少年の葬儀には、事件当日犯人と接触した銀行員が、
「検死」と称して医師に変装した上で「面通し」まで行われたという。
その結果、「似ているようだが、違うかも知れない」などと、曖昧な証言をしている。
結局のところ、犯人が事前の伏線として金融機関への脅迫状を投函した日に、
少年は「鑑別所」に留置されていたことが判明し、これがアリバイとなった。
酷いことに、父親が警察官であることから、
「警察組織の名誉のために少年は父によって毒を盛られた」、という噂がまことしやかに流された。
考えてみれば犯人の罪は「窃盗罪」で、最も重くても懲役10年、
これに対し父親の犯した罪は「自殺教唆」に「犯人隠避」、
若しくは殺人容疑が課せられてもおかしくない。
こっちの方がよっぽど罪が重い筈である、
たかが勤務先のメンツのために、我が子を手に掛ける親がいるだろうか?
「警察官」という身分も、突き詰めれば「妻子を養うため」の職業の筈ではないか。
この過ちは、「もっぱら素行不良の人物」に容疑を絞る、当時の警察と世間の風潮がもたらした。
少年は暴走族の走りで、しばしば問題行動を起こし補導されていたために、
このような容疑が一方的にかけられていたのだ。

3億円事件

事件から7年経過
公訴時効を前に警視庁の記者会見

悪いヤツを捕まえろ、という落とし穴

同様の過ちが公訴時効の間際にも発生している。
犯人のアジトを巡ってのことだが、捜査において犯人のアジトを特定するか、
または領域を絞った捜査を行うのは定石であろうが、
時効が目前に迫り、焦った警察は目撃情報を鵜呑みにして、犯人のアジトは「日野市西南部」と断定。
更に、捜査の効率を高めるためか、捜査対象を「素行不良者」に絞って大々的な人海戦術を敢行した。
「ドロボーするヤツは悪いヤツ」という先入観は、警察だけでなく当時の社会に深く内在していた。
「犯人にも事情がある」とは、TVドラマ「はぐれ刑事純情派」の宣伝文句であったが、
社会も警察も「犯人の人間像」というものを完全に見誤っていた。
この事件を、その辺のコソ泥か、スリ、置き引き程度に考えていたのか?
「悪いヤツに決まってる」という決めつけが、賢明さを失わせていたとしか思えない。
当時の日本は、経済成長へ一途になり過ぎていたために、
善と悪の境界線をあまりにも濃く、しかも単純に描き過ぎてしまったのだろうか。

3億円事件

前回の記事でも書いたが、30分の事実以外何も解明されていないこの事件、
特にアジトに関する分析はこの事件のキモにあたる。
犯人は何処に居たのか、どのような日常を送っていたのか?
それが犯行にどう関り、どう影響したのか?
この検討は「その後」の彼の足取りを追う手掛かりにもなり得る。
次回は犯人のアジトに関して私見を述べることにする。

ジェラルミンケースに付着していた泥から、 犯人のアジトは国分寺市恋ヶ窪周辺であると、 徹底したローラー作戦が展開されたが、 警察はその後アジ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。