冬の花火 立川

シェアする

11月23日 勤労感謝の日、立川の夜空に6千発の花火が打ちあがりました。
懸念されていた「木枯らし1号」が吹き荒れることも無く、
穏やかな天候の下で行われた「第60回 立川まつり昭和記念公園花火大会」。
打ち上がった全ての花火がクリアに眺められたのは、何年振りのことだろう?
多摩地域では立冬を過ぎてから、これほどの規模で行われる花火大会は、
多分初めてだろう、いや「最初で最後」になるのかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クセになりそうな「台風の置き土産」

今年は諸般の事情により会場には行けず、離れた場所からの観覧となりました。
打ち上がる高さの見当が付かず、金網越しになってしまった。
でも筆者お気に入りの「一発」です。

これまた金網越し、立川名物1尺5寸。

夏場と違い、雲底が高いために花火が隠れる心配はまったくありませんでした。
それに思っていたよりも、冷え込みはそれほどでも無く充分観覧に耐え得るコンディション。
打ち上げ開始の午後6時、「ドカーン」という尺玉の爆音に誘われてか、
次々と人が広場に集まり、特大の花が開くたびに歓声に包まれる様は、いつもの通り。
都心と違い、ベッドタウンで行われる花火大会は、会場以外でも盛り上がりを見せます。
同じ町に住みながら、顔も名前も知らぬ同士の他人と他人。
しかし、この日ばかりは皆同じ夜空の一点を見詰め、見事な大輪の花に拍手喝采。
年に一度くらいこういうことがあっても良い、というか無ければいけないのだと思う。
「季節外れ」という時代遅れな批判は、まったく聞こえて来ませんでした。

夏がダメでも冬がある

とりあえず金網を避けて場所を移動。
パステルカラーの「芸協玉」

高々と打ちあがった1尺5寸、もうすぐフィナーレ。

今回は花火大会の実行組織にとっても、良い「先例」となった事でしょう。
数年前の大会では、打ち上げ開始時刻になって天候が急変、激しい雷雨となって中止決定。
広大な昭和記念公園には、既に数万人の観客が詰めかけていたのに。
こんな事があったので、今年の台風直撃の予報で早々中止決定したに違いありません。
自然現象を正確に予想することは誰にも出来ません。
ましてや雷雲の発生については、予報技術が確立しているとは言えません。
無理をして観客に「ずぶ濡れで雷に打たれる恐怖」を味あわせるより、
「今年も冬にやりましょう」と宣言すれば、皆納得するに違いありません。
そのための「下準備」が整ったことで、
立川は、「隅田川の一歩先」を行くことになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク